削らない「引抜き技術」 異形みがき棒鋼、ステンレス鋼のサプライヤー

アズマックス株式会社

製品案内

異形みがき棒鋼/異形コイル鋼

あらゆる形状実現を可能にする“アズマックスの異形みがき棒鋼

お気軽にお問い合わせください。

異形みがき棒鋼/異形コイル鋼(※以下の形状以外にも、あらゆる形状にお応えいたします。)

自動車部品

機械部品

自動車部品

製紙機械

輸送機械

輸送機械

機械工具

   

製造鋼種
●一般鋼材 ●機械構造用炭素鋼 ●軸受鋼 ●ステンレス鋼 ●ニッケルクロム鋼 ●ニッケルクロム・モリブデン鋼 ●クロム鋼 ●クロム・モリブデン鋼 ●炭素工具鋼 ●合金工具鋼 ●バネ鋼 ●硫黄・複合快削鋼 ●電磁軟鉄 ●チタン・チタン合金 ●その他(新合金・新鋼種)

みがき棒鋼とは】

 一般的に「冷間引抜き」「冷間圧延」「研削(研磨)」「切削(ピーリング)」等を用いて製造された鋼材が“みがき棒鋼”と呼ばれています。

 当社はその中でも「冷間引抜き」と「冷間圧延」を用いた“冷間加工”でみがき棒鋼を製造しています。
 「冷間引抜き」とは、素材となる棒鋼や線材を文字通り「冷間(常温)」にて“ダイス”と呼ばれる穴の空いた工具の中に通し、素材を引き伸ばすようにして形状を変化させる加工方法で、ダイス穴の形状を変えることにより様々な形状を製造することが可能です。

「冷間圧延」とは、冷間引抜き同様、棒鋼や線材を一対の円筒状のローラー(ロール)と呼ばれる工具の間を挟むように通し、うどんを伸ばすようにして形状を変化させる加工方法です。

  いずれの加工も切削や研磨のように鋼材を削らない“塑性加工”のため、材料のロスが極めて少ないのが特徴です。また、冷間(常温)での加工のため、材料強度を低下させることもなく、熱間(高温)での加工方法と比較しても、高いレベルの寸法精度が実現できます。

 また、“みがき”という文字の通り、表面は磨いたように平滑であり、光沢を有しています。