削らない「引抜き技術」 異形みがき棒鋼、ステンレス鋼のサプライヤー

アズマックス株式会社

社員の声

技術部門

自主的な対話が信頼関係を生み出す

Name:S.Kさん
Section:技術管理部 千葉技術課
2015年新卒採用
Q.1 アズマックスを選んだ理由を教えて下さい

大学で学んだ知識を活かし、技術を身につけることで製品を作っていき社会で活躍したいと考えていました。そのように考えている中で、就職活動でにアズマックスを工場見学した時に製品の製造現場と技術開発がとても親密であると感じました。製造現場での経験、また技術開発側での経験の双方をフィードバックし、自分がそれらを製品に取り込めみ、会社さらには社会に貢献できるのではないかと考え、アズマックスの入社を希望しました。

Q.2 アズマックスはどんな会社ですか?

ものづくりが好きな人達が多い会社です。生産ラインで機械が故障したり、必要なパーツなどができた際には、自分たちで修理・改造を行い新しい装置を作ったりしているところを見かけます。そういった自分たちで作り上げていく姿勢が生産活動に活かされ、品質の高い製品を世の中に送り出している会社だと感じています。

Q.3 現在の担当業務を教えて下さい

現在担当している業務は、主に焼鈍熱処理後の金属素材の管理・分析です。当社の異形製品を生み出すには、金属素材の加工を繰り返していくために加工硬化した金属を焼鈍して軟化させる必要があります。適切な雰囲気・温度で熱処理を行わないと、製品に求められる機械特性を維持できなくなってしまいます。そのため、金属素材に適切な熱処理がなされているかの管理・分析を行っています。

Q.4 入社して成長したことは?

コミュニケーションの重要性を改めて認識できたことだと思っています。会社に早く慣れ、先輩社員たちと親密になるために積極的に会話し、話しがやすい関係を構築することが重要だと思いました。新人故にわからないことを先輩社員たちに数多く質問してきましたが、質問をしやすくできたのも日頃から会話してきたからではないかと思っております。

Q.5 これからの目標を教えて下さい

現在私は業務上必要となる資格をとるために、社外講習会に参加させてもらい受験に挑戦している最中です。この資格は新製品の受注拡大を目的としたものであり、今後の当社の事業拡大に向けての使命感を持っています。近々の私の目標はこの資格を取得することです。この資格を取得することは、当社の発展のためだけでなく自分のスキルとしても技術を身につけ、アズマックスの技術者として成長し、社会に貢献していきたいと考えています。