削らない「引抜き技術」 異形みがき棒鋼、ステンレス鋼のサプライヤー

アズマックス株式会社

社員の声

技術部門

常に可能性を追求していきたい

Name:T.Kさん
Section:技術管理部茨城技術課
2016年新卒採用
Q.1 アズマックスを選んだ理由を教えて下さい

大学では金属材料に関する研究をしていました。就職先は大学で学んだ知識を生かせる仕事に就きたいと考え就職活動をしていたところ、アズマックスの存在を知り、会社説明会や工場見学会で知った「引抜加工(冷間金属加工)」に魅せられて、入社を希望しました。

Q.2 アズマックスはどんな会社ですか?

良い意味で人と人との距離が近い会社です。もちろん、仕事に関することでは厳しく言われることもありますが、休憩時間などでは他愛もない雑談などを通して、良い人間関係を築き上げていくことができ、上司や先輩にも気兼ねなく相談することができる環境です。

Q.3 現在の担当業務を教えて下さい

主に焼鈍と引抜工程に関わる業務を担当しています。焼鈍工程では、日々の熱処理が適切に行われているかの分析を行っています。引抜工程では、材料を加工する穴型の設計や新規製品の引抜テスト、現場で発生したトラブルの対応など様々な業務に携わっています。

Q.4 入社して成長したことは?

スケジュールの作成・管理能力だと思っています。私が所属している技術課では様々な種類の業務を行うため、目の前の仕事をただ順番にこなしていくだけでは対応しきれません。そのため、それぞれの業務の期限をしっかり把握し、スケジュールを管理することが重要であると考えております。

Q.5 これからの目標を教えて下さい

まずは自分が今担当している業務の速度と精度を上げることです。その上で、引抜では加工が難しい・不可能だとされている形状や材質でも引抜加工が可能となる方法を見つけ出すことで、当社の事業拡大を通じて社会の発展に貢献していきたいと考えています。

Q.6 アズマックスに入社を希望される方へ

当社は大きい会社ではありませんが、だからこそ従業員一人一人が大切にされる温かみのある会社です。アズマックスに少しでも興味を持たれたのなら、是非一度会社説明会や工場見学に来て頂けたら嬉しいです。